勤怠管理の難しさについて

  • 勤怠管理の難しさについて

    • 勤怠管理は、労働者がどのくらいの時間働いているのか、というものを管理することですが、仕事の仕方が多様化していく中で、だんだんと管理しにくい状況も生まれつつあります。


      事務所や工場、お店に出勤して退勤して、というある固定された場所でのお仕事を想定して現在の勤怠管理は作られています。

      今、話題の便利な勤怠管理システムに関連した情報が掲載されています。

      しかし、取引先を回る営業職や、在宅勤務など、場所にとらわれない働き方の場合の勤怠管理はこの考え方では管理出来ません。


      この点が、現在の勤怠管理の最大の課題と言ってよいでしょう。

      All Aboutの知識が身につきます。

      何をもって働いているというのか、という定義について、会社と従業員とは共通の認識を持っていなければなりません。

      そうしないと、従業員には不満が溜まり、労働力の低下に繋がってしまいます。



      例えば在宅勤務についてですが、ワークライフバランスの観点からすると、是非取り入れていきたい勤務形態のひとつなのですが、形だけ導入してしまうと、会社側からは本当に働いているのかという疑念が生まれ、労働者側では、無理に働かされているサービス残業の延長との捉え方になって、お互いに疑心暗鬼に陥ってしまう危険性すらあります。


      日本の就業慣習の中では、あまり細かいことを決めないという事が長く続いていましたが、これからは、出来るだけ細かくルール作りをしていき、会社も労働者も納得の行く就業形態を作り上げていかなくてはなりません。
      そこまでして勤怠管理がしっかり出来ているといえるのです。

  • ビジネスの基本知識

    • 企業では社員の体調管理を見届ける義務があり、出社から退社までを時間を追う内容が大事になります。勤怠管理はそういった状況に役立つ方法であり、適切な仕事をしながらいきいきとライフワークができているかをじっくり確認する必要があるわけです。...

  • ビジネスの補足説明

    • 勤怠というのは従業員が出勤した欠勤で休んだといった実績を捉えることなりますが、勤怠管理ということからその時間数も把握する必要があります。会社には法令で決められている内容に従って就業規則を定めているのです。...

  • ビジネスの秘密

    • 労働時間数には法律で決められた基準があり、1日8時間、週40時間というものでその時間を超えて勤務する場合は協定を届け出た上で残業に対する手当を支払わなければなりません。それぞれ会社ごとの業態によって繁忙期や閑散期がありその差が大きくあるような会社では毎日同じ時間数では残業が発生することになります。...

  • サポート情報

    • 勤怠管理の目的とは出勤状況を常に確認できるようにしておくことと、勤怠から計算される人件費の概算や給料計算を行うこと、そして就労の管理を行うためのものです。勤務状況を常に確認できるようにするためにはタイムカードなどの記録から時間数を計算する必要があります。...

top